睡眠薬は危険?副作用について知ろう

睡眠薬は危険?副作用について知ろう

睡眠薬の副作用

「睡眠薬を使ってみたいけど、ちょっと怖い」と、睡眠薬に対して危険なイメージを持つ方は多いものです。睡眠薬は依存しそうという印象があるかもしれませんが、現在の睡眠薬は安全で危ないなものではありません。

睡眠薬は正しく使うことで、良質な睡眠をサポートしてくれます。
睡眠薬の副作用について理解し、安全に服用しましょう。

◆睡眠薬で起こりやすい副作用

睡眠薬の服用で気を付けたいのは、ふらつきや健忘、翌日の眠気といった副作用です。

睡眠薬の筋肉をほぐす作用があるため、ふらつきが起こると転倒の危険性が大きくあります。特に高齢者は注意が必要です。
健忘とは睡眠薬を飲んだ後の記憶を失うことで、自分の知らないところで誰かに電話をかけていたり、覚えのないお菓子袋が地面に落ちていたりすることも…。
翌日まで眠気が残ると、寝坊や集中力の低下に繋がります。

このような副作用が心配な方は、服用の際はごく少量から試してみましょう。

◆睡眠薬は依存しやすい?

最近は依存性が抑えられている睡眠薬が多くありますが、飲み方を間違えると依存に繋がりやすくなります。

・睡眠薬服用中にアルコールを飲む
・たくさんの種類の睡眠薬を飲む
・服用量を増やす
このような行動は依存に繋がりやすくなります。

毎日同じ薬を飲んでいると身体が薬に慣れ効果が感じにくくなることがあります。
すると「飲まないと眠れない→摂取量が増える→依存する」という悪循環が起き、服用量を増やすと副作用も現れやすくなります。
薬に依存しないためには、多量摂取は避け長期間服用を続けないように、徐々に用量を減らしていくよう心がけましょう。