これって不眠症?グッスリ眠れない夜が続いたら

これって不眠症?グッスリ眠れない夜が続いたら

なかなか眠れない

「最近グッスリ眠れない」「睡眠時間を確保しているのに昼間に眠くなる」という睡眠問題に悩んでいませんか?

眠れない日が1ヶ月近く続いていたら、あなたは不眠症の可能性があります。
睡眠は心と身体の健康を支える大切なものです。

不眠症のサインに気付いて、早めの治療をスタートしましょう。

◆不眠症のサインに気づけていますか?

不眠症とは、「寝付きが悪い」「夜中に何度も目が覚める」「眠りが浅い」などの問題が続き、日中の眠気や集中力の低下など不調が現れる状態です。

不眠症と一言にいっても症状は大きく分けて4つあります。

・入眠障害 ベッドに入って30分~1時間経っても眠りにつけない
・中途覚醒 一度眠りについても夜中に何度も目が覚める
・早朝覚醒 起きたい時間より早く目が覚め、再度眠れない
・熟眠障害 睡眠時間をしっかり摂っても眠りが浅く熟睡できない

このような症状が続くようであれば、不眠症の可能性が高くあります。
眠れないことを放っておくと、体調不良に繋がりますので早めの対応が必要です。

◆早めの治療開始で悪化を防ごう

「不眠症かもしれない」と感じたら次のようなことを試してみましょう。

・夕食は睡眠の2時間前までに済ます
・軽い運動を毎日する
・アルコールやカフェインの摂取を避ける
・眠りやすい高さの枕に変える
・ベッドルームの暗さや温度を調節する
・寝る前に携帯やパソコンを使用しない

自分なりの工夫をしても睡眠が改善されないようであれば、薬の服用をお勧めします。

睡眠は疲労回復や脳の健康にも重要な役割をしています。
不眠のサインに少しでも早く気づいて、早めの治療で質の良い睡眠を取り戻しましょう。